デジ絵初心者がデジ絵習得をがんばってみるブログ

デジ絵初心者がデジ絵ツール習得を目指します

Corel Painter X3試用版体感レビュー

皆様、こんにちは。

国内、海外ともに多くのクリエイターに馴染みの深いCorel Painterシリーズの最新版であるPainterX3が発売されましたね。

 

それにともない試用版が提供されたので早速当ブログ用ヘッダー画像を作成してみることにしました。

Painter_

 

起動してみる 

起動画面

f:id:meochika:20140307234700j:plain

ブログ用ヘッダー画像として利用するので 1044x350 72dpi で新規ファイルを作成。

 

色鉛筆で私の後ろ姿を。

f:id:meochika:20140619205618j:plain

色鉛筆は紙質の質感がよく出るペンなのでよく使います。

 

机やらタブレットやらを別レイヤーに描いて着色。

f:id:meochika:20140619205943j:plain

使用したブラシは[色鉛筆]と[デジタル水彩 - リアル平筆] 。

 

色鉛筆をさらに重ねて、こんな感じに

f:id:meochika:20140619210033j:plain

 

レイヤー構成はこんな感じ。ハードエフェクトは掛けませんが、細かい位置合わせや修正が必要になってくるのでできるだけ分けるようにしてます。

f:id:meochika:20140619210145j:plain

 

まぁこの時点で机の向きがおかしいのですがとりあえず塗って。

f:id:meochika:20140619210321j:plain

 

ゴミ取りして完成です。

f:id:meochika:20140619210441j:plain

いやぁ、キャプチャ使わずまさかの画面撮りですよw

だいたいこんな感じですね( ´ ▽ ` )

 

まとめ

細かいアイコンやインターフェース周りも改良されて使いやすくなってますよ。私的にはお好みのブラシが一発で検索できるようになったのが一番気に入りました。

試用期間中の制限はないので、取り敢えず沢山使ってみます。

 

お得情報

Painterの通常版はアマゾンでも約¥48,000でアップグレードは約¥26,000円程度で販売されています。

アマゾンで販売されている並行輸入品のアカデミックパッケージなら約¥9,000前半位で入手でき最安なら¥6,000後半の価格でゲットすることが可能です。

 

学生・教職員であるという証明書や確認もなく手に入れることが可能で、海外版ですが一部情報ではそのまま日本語でインストールできたとの情報もあります。

 

アップグレード非対象、商用利用不可の制限はありますが、使い捨て感覚でこのバージョンだけ使用できれば何の問題ない方やまた子供のお絵描き教育のために買い与えたり、その他ピクシブや趣味でしか使用しない等であればアカデミック版でも十分だと考えています。

 

しかしながら、商用利用やこれからPainterと長く付き合っって行こうかなんて考えた場合、新規パッケージを購入したほうがお得なのでそちらをオススメします。

 

海外アカデミック版を日本語アカデミック版として利用する方法

日本語試用版をダウンロード&インストールしていただき、その試用版へ並行輸入品アカデミックパッケージに付属しているシリアルナンバーを入力することにより正式な日本語アカデミック版として利用可能です。

 

この記事が皆様のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

Painter 2016 アカデミック版

Painter 2016 アカデミック版